VB.NETからC#に、C#からVB.NETにコードを変換する


.NET系のプログラミングをすると、「C#を使っているのにVB.NETの情報しか出てこない!」なんてことはよくあります。

手作業で変換していくのもいいですが、全自動でお互いのコードに変換する方法もあります。

方法1: 変換サービスを利用する

Convert VB.NET to C#というサービスがあり、そこでオンライン経由で変換することができます。

img_0013Convert VB.NET to C#

このサービスは結構昔からあるサービスで、だいたいのものはしっかり変換してくれます。

パターンから変換しているものなので、複雑なコードはあまり得意としないこと。また一度アップロードしてから変換するので時間がかかります。(最近は余計に時間かかるようになってきたかな)

方法2: リバースエンジニアリングを利用する

私がいるも使っているリバースエンジニアリングのツールはILSpyというソフトで無料で利用することができます。

この方法だとほぼしっかり変換することが可能。ただしやるのはちょっと面倒でC#プログラマがVB.NETからコード変換しようっていう時には、VB.NETの基礎は知っていることが前提となります。

やり方は以下の通り。

  1. VB.NETのプロジェクトを作る。
  2. 変換したいコードを貼り付けてコンパイル
  3. できたバイナリファイルをILSpyで読み込み、C#コードとして表示させる

面倒っちゃ面倒だけど確実っちゃ確実という方法ですね。

ILSpyのダウンロードはこちら
http://ilspy.net/

 

Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">