002. VisualStudioでコンソールアプリケーションを作る方法


C#/VBで試しにアプリケーションを作る場合、コンソールアプリケーションから進めるのがおすすめです。

そのコンソールアプリケーションのプロジェクトをまず作ってみましょう。

まずVisualStudioを起動しましょう。どのバージョンでも問題ありません。

画面の左中央部にある「新しいプロジェクトを作成」をクリックしましょう。

vs1
メニューの「ファイル(F)」→「新規作成(N)」→「プロジェクト(P)…」からでも大丈夫!

するとこのような画面が出てきます。

vs2

左側が開発する言語の選択です。例えば、C#でプログラミングしたい場合はVisual C#を選択、VBでプログラミングしたい場合はVisual Basicを選択しましょう。

インストール状況によっては別の言語も選択することもできます。

今回はC#のプロジェクトを作るのでVisual C#を選択、そしてその右側に作るプロジェクトのタイプを選択します。今回はコンソールアプリケーションを作成するので、「コンソールアプリケーション」を選択しましょう。

下の欄の「名前」「場所」「ソリューション名」はなんでもいいです。ただし、できれば英語名の方がいいです。また、そのままでも問題ありません。

今回は名前もソリューション名も変更しないで作ってみましょう。

本来は、名前はプロジェクトの名前を指定します。ソリューション名もたいていはプロジェクト名と同じものを使います。

そのままOKをクリックするとプロジェクトが生成され、最低限の内容が入ったプロジェクトが作成されます。

vs3

この{と}のかっこの間にプログラムを書いていきます。

次項ではHello World!と表示されるアプリケーションの紹介をします。こちら>>

vs4
Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">