Raspberry PiにHomeBridgeをインストールする


HomeBridgeを使えばiPhoneのSiriに家電を操作してもらうことができます!

iOS10からHomeアプリが本格的に稼働しだしたということで、実際に試してみたいと思います。

必要なもの

img_1260

一応一通り書いてお聞きます。Raspberry Piの初期設定等が全て終わった人は次の項に飛んでください。

  • Raspberry Pi
  • Micro SDカード(8GB以上推奨)
  • HDMIケーブル
  • USB接続のキーボード
  • マウス(Bluetoothタイプでも問題ないけどUSB接続の方が楽)

Raspberry Piに必要なものは上のセットです。

Raspberry Piは小さなコンピューターのようなもの。頑張ればWindowsだって入っちゃいます!

初期設定は他のブログの方が詳しく解説しているのでググってね

ライブラリのインストール

調べてみたら人によってやり方がかなりバラバラな模様。

とりあえず難しい話なしにスムーズに進む方法でご紹介。

結構いろんなライブラリをインストールする

avahiをインストール

 node.jsをインストール

そしてインストールし終わったら念のためバージョンチェックしてください。

HomeBridgeをインストール

お待ちかねのHomeBridgeのインストールです。

HomeBridge-cmdプラグインをインストール

HomeBridgeだけのインストールでは動作しないので、プラグインもインストールしておきます。

今回はオンとオフの操作をコマンドで行うことができるHomeBridge-cmdをインストールします。

また、プラグインは大量にあります。もし気になるものがある方は覗いてみるとおもしろいかも
https://www.npmjs.com/search?q=homebridge-plugin

HomeBridgeの設定を行う

まだこれだけでは命令もできないし、起動もろくにできません。

初期設定を行いましょう。

これでテキストエディタを開きます。

設定はjsonで行います。Javascriptユーザーにとってはおなじみの形式ですね。

bridgeセクションにはHomeBridgeの基本的な項目を記述します。

nameはなんでも可、usernameはMacアドレス形式ならなんでもいいらしい。PINもなんでもいいです。

descriptionには説明を。別になんでもいいみたいです。

accessoriesにHomeアプリで操作するものをずらずら書いていきます。

ちなみに上の設定ファイルだと、ホームアプリに表示されたスイッチをオンにするとRaspberry Piがシャットダウンします()

そのあたりは適当に変更してください。

Lチカをする

この項目については次の記事で紹介します。

Homeアプリ(HomeBridge)でLEDを点灯させる 

Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">