Form002.02. コントロールの色を変更する


コントロールの色を変更するにはBackColorプロパティで設定・取得します。

Color構造体について

コンピュータの世界では、色は三原色のRGB、つまり赤・緑・青で指定します。

といっても普通、この色はRが○○でGが○○でBが○○な色だ!なんていちいち意識しませんよね。

こんな時はWindows標準でついてるペイントツールを使うと便利です。

d22

ペイントを起動して[色の編集]を選択するとこんな画面が出てきます。

d23

ここで好きな色を作って、それぞれのパラメータを見ると好きな色のパラメータが分かります。

決められた色から選択する

ペイントツールを使えば好きな色のパラメータがわかる!と言いましたが、基本的な色を使う場合はこんな面倒な事する必要はありません。

安心してください、基本的な色は予め用意されています。

なお呼び出し方はこんな感じ

カスタマイズした色を表示する

しかし、好きな色を設定したい時もあります。そんな時はColor.FromArgbメソッドを使います。

先ほど例にだした緑っぽい色(R: 11, G:236, B:79)を表示してみましょう。

このようにして取得します。

色を変更する

BackColorプロパティに、Color構造体を設定することで色を変更することができます。

実際実行するとこんな感じに表示されます。

d24

色を取得する

想像の通りです。と言うかそのまんまです。