Form003. メッセージボックスを表示する


プログラム上で簡単なメッセージを表示したいときはメッセージボックスを使うのが一番楽です。

メッセージボックスを表示する

表示方法はすごく簡単。1行でかけちゃいます。

そしてこれを実行した結果がこんな感じ。

2016-07-23

 

すごく簡単に表示することができました。

タイトルを表示しよう

このままでも問題はないのですが、ユーザーが一体どのプログラムからのメッセージなのかわからない時があります。

というわけでタイトルをつけてみましょう。第2変数に指定すればタイトルが出てきます。

 

アイコンを表示しよう

しかしこのままじゃ味気ないので、アイコンを表示してみましょう。

アイコンには以下の例があります。

こうすることでタイトルを表示することができます。

2016-07-23 (1)

 

選択肢を表示する

このメッセージボックスは選択肢を設定することもできます。

選択肢の内容は第3引数に指定することで変えることができます。また、選択の結果はMessageBox.Showの戻り値で取得することができます。(ResultDialog列挙体)

こうすることでこのように表示されます。

2016-07-23 (2)

戻り値で結果を取得できるのは手軽でいいですね。

アイコンを表示する

しかし、このままではなんか味気ないです。というわけでアイコンを表示してみましょう。

アイコンは第4引数を指定することで設定できます。

例えばInformationを指定してみましょう。

2016-07-23 (4)

 

このようにアイコンの表示も楽ちんです。

ほかにもこんなアイコンがあります。

asterisk 情報 MessageBoxIcon.Information
warning 警告 MessageBoxIcon.Warning
error エラー MessageBoxIcon.Error

ほかにもいろいろあります。いろいろ確かめてみましょう!

まとめ

メッセージの表示はMessageBox.Showを使うと簡単。選択肢もつけれる