005.2. stringを使いこなす


stringとは文字列型のことです。stringとは結構細かいものでして、使いこなすにはいくつか覚えないといけないことがあります。

string型の作り方

stringもintやboolのように特例があり、文字列を””で囲むだけでインスタンスを生成することができます。

ただし、改行とかをしたい場合はちょっと特殊な書き方をする必要があります。

特殊コード

改行の仕方

改行をする時は¥n、または¥r¥nを入れることでできます。双方の違いは、動くシステムによって分かれると言うだけです。¥r¥nを入れておけば間違いはない。けど¥nでも私の経験上問題が起きたことはないです。

タブ文字

あんまり使わないかもしれないですが、空白4つ分ぐらいの空白のことをタブといいます。それを表示させるのは¥tで行います。

¥マークを表示する

¥nで改行、¥tでタブ文字が表示されると書きました。ではただ単純に¥マークを表示させたい。画面に「¥n」と表示させたい場合はこのようにします。

このように¥¥と2つ続けて書くことで、「¥」と表示することができます。

“や’マークを表示する

似たような感じで”マークを表示することもできます。

¥”としないと文字列を囲むために””と勘違いされてしまいます。

ヌル文字

プログラミング序盤では出てくることはあまりないですが、ヌル文字を表示させるのは¥0とすればできます。

文字コードで表示

文字コードを直接入力して表示させることもできます。

例えば、aの文字コードは97です。16進数にすると61なので、これを表示させるには¥0x61とすればできます。

¥を大量に含む文字列を書きたい!

さて、「¥」と表示させるのは¥¥と書けばいいと言いましたが、これを大量に含む文字列を書く場合はどうすればいいのでしょうか。

正攻法でいけばこうなりますよね

ですが、ごちゃごちゃしすぎてわかりづらい!こんな時は””の左外側に@をつけることで楽になります。

@をつけることで、¥マークを使った特殊コードが全て無効になります。

この方法で改行するとこんなコードを書くこともできます。

このように、文字列中で本当の改行をして書くこともできます。ただ分かりづらくなるので極力控えましょう。

文字列同士を連結する

文字列同士を合体させたい場合、C言語とかでは専用の関数を使う必要がありましたが、C#では+で繋ぎあわせることができます!

また、数字と文字列、文字列と数字を合体させる時も気にせず合体させれます。

 オブジェクトを文字列に変換する

文字列ではないオブジェクトを無理やり文字列にすることもできます。

その場合、[文字列にするオブジェクト].ToString()とすればいいだけです。ToStringメソッドは全てのオブジェクトが持っています。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">