pfxファイルを消してしまった場合の対処法


Windows 8/10のアプリを作る際に使用される証明書を誤って消してしまった場合の対処法。
消すことはないと思うんですが、私は過去に何度かやらかし…

久しぶりに専門的なことの記事です。

そもそもpfxファイルは何に使われるのか

解決策だけ知りたい場合は下の方へスクロールを。

Windows 8/10にてRTアプリを作り、それを公開するときに証明書が必要になります。
これは自動的に発行されるもので簡単に作ることができます。

解決策

もしこれを削除しても簡単に解決できます。あっという間に復活します。が、プロジェクトからそのファイルだけを消してしまった場合の対処方法はかなり面倒です。

プロジェクトファイルをテキストエディタで開く

まずプロジェクトファイル(C#の場合はcsproj)ファイルをテキストエディタで開きます。

sdfjhgvjhg

 

そうするとXML形式で記述されているものが出てくると思います。

いらない部分を削除

その中で大事なのがPackageCertificateKeyFileタグとPackageCertificateThumbprintタグ
Project/PropertyGroup/の中にそれぞれ入っていると思いますので、それを削除、心配ならコメントアウトしてください。

再度パッケージを作成

sdfjhg

再度、メニューからStoreを選んでCreate App Packageあたりを選択してください。

これで完了です。新しい証明書が作成されるでしょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">