偽名やハンドルネームでも手紙は届くのか

過去のブログのアーカイブ
この記事は前身のブログのアーカイブを引き継いだものです. 画像が正しく表示できないなど,コンテンツの表示に問題がある恐れがあります.

何かのサービスを偽名で登録したり、ハンドルネームでやりとりをするとたまに郵送されて来ることがあります。
もちろん本名を書けば確実に届くのでしょうけど、偽名でも届くのでしょうか

確実に手紙が届くということはなくなるのですが、偽名やハンドルネームでも手紙は届きます。ただこれが近所に住んでいる人と同じ名字の偽名とかになると届く可能性は一気に低くなるでしょう
逆に、苗字は一緒だけど下の名前が偽名、そもそも苗字なんてない。この場合は届けてくれる可能性が高いです。
これは私の経験なのですが、私のハンドルネームで銀行口座を開設した時のこと。銀行から届く大事な手紙もハンドルネームになってしまうそうで…
そして本当に届いてきた。普通郵便なのに直接手渡し、「これ○○様の郵便であってるでしょうか」「あ、はい…」みたいな感じになります。
そして次回から混乱を避けるためか私のハンドルネームの郵便には、住所の上に鉛筆で苗字が書かれるようになりました。
手元の写真がなかったので過去に投稿した写真より


まあつまり、偽名で郵便は届くということです。