支払督促について(体験談)


人にお金を貸したり、相手と簡単な金銭トラブルが発生している場合、支払督促が一番安く済んで良い手段だと思います。
今回はその方法について、実体験では相手が未成年、こっちも未成年という面倒な状態でしているので、その辺りについても補足入れておきます。

主に相手に憎しみを込めて支払督促を送る場合として書いています。
なので個人対個人の場合でお願いします。あとこの記事は確実を証明するものじゃないです。実体験ですが。

支払督促とは

s_1_vc8_h4-text-list-list-img-text_vc8_h4-text-list-list-img-text-05_0_vc8_img-01

相手が未払いな事がある時すべてに使えます。例えばお金を貸して返ってこない。オークションで商品を送ったのに相手からお金が送金されてこない。等

こちらの支払督促は、最初の段階はすべて被害を受けた人がするものです。早速裁判所がいろいろやってくれるわけではありません。その点注意してください。
また、その辺してくれる裁判所は簡易裁判所です。

1. 準備

まず支払督促について必要なものを準備します。

  • 相手についての情報(名前、住所)
  • 自分についての情報(〃)
  • 印鑑
  • 督促状を書くのに必要な道具(印刷も可)

相手が未成年の場合、相手の母親と父親の名前も必要です。
但し、内容証明を送る段階、つまり本格的に訴訟の段階に行く直前までは必要ありません。

また、自分側が未成年の場合、両親の許可が必要です。支払督促を行うのは法律上、親となります。

2. 督促状の準備

まず訴訟まで行く前にすることは、相手にこの様な借金が存在するということを相手に正式に伝える必要があります。
訴訟手続きに行くと待っているのは面倒なことばかり。その前に解決させておいたほうがWin-Winでしょう。そういうことです。

さて、督促状は郵便局が行っている内容証明のサービスを利用することになります。
これは、裁判所に対しても、正式にお金の請求をして相手も承知したというのを伝えるために行うもの。内容証明は非常に高いですが、これをすることで裁判上有利になります。

督促状に書く内容

督促状に書く大事な内容は以下の通りです。

  • 契約日
  • 契約場所
  • 金額
  • 返済期限
  • 自分の振込口座等の情報

さて、ここで「契約」という文字が出てきましたが、これは例えばお金を貸した場合、いくら貸すからいくらまでに返してね。って口でいうと口頭契約になります。
このように契約によって社会は成り立っています。つまりお金をやりとりした日、場所を書く必要があります。

書き方

内容証明で送る場合、いろいろと制約が厳しいです。
制約の内容は以下のとおり。

区別 字数・行数の制限
縦書きの場合 ・1行20字以内、1枚26行以内
横書きの場合 ・1行20字以内、1枚26行以内
・1行13字以内、1枚40行以内
・1行26字以内、1枚20行以内

詳細についてはこちら→日本郵便サイト

内容

ここが一番ミソですね。私が書いた内容をそのまま置いておきます。

 

○○ ○○様

平成25年 10月28日
○○ ○○

督促状

前略、用件のみ申し上げます。
下記の貸し出し分の返済につきまして、繰り返しお支払いをお願いしてまいりましたが、未だにご入金の確認ができておりません。
至急お支払い頂ますよう、お願い申し上げます。

[貸し出し内容] 1、貸し出し日   8月6日
2、貸し出し場所 JR○○駅 他
3,貸し出し金額 –,—円
4、返済期限    9月25日

[お振り込み先] ゆうちょ銀行 ○○○支店 普通 00000000
名義 ○○ ○○

なお、11月10日までにご入金いただけない場合は、やむを得ず法的手段をとるほか、請求手数料を加算させていただくこともございますのでご了承ください。

——————————————

連絡先 TEL. 080-0000-0000
電子メール ○○○○@yryr.me

(通告人)
○○県 ○○市 ○○ ○丁目 ○番地 ○号
○○ ○○(名前)

(被通告人)
○○県 ○○市 ○○ ○丁目 ○番地 ○号

書く内容はこのような感じです。今回は2枚の紙を使いました。
内容証明はお金がかなりかかりますがケチらずいきましょう。

アドバイス

さて、普通の内容証明郵便を送るだけじゃ面白くないでしょう。
せっかく高いお金を出すのだから、この内容聡明の郵便だけで相手を説得させて、訴訟まで行く前に終わらせておきたいです。
そこには様々な皮肉、脅しを入れることがポイントとなると思います。もちろん、名誉毀損等で訴えられないようにギリギリの表現は使わないように

返済期限はちょっぴり長めに

返済期限は少なくとも1ヶ月以上にしましょう。相手にも準備する期間は必要です。郵便を引き取るより前に期限が来たら笑い事になりません。相手から逆に訴訟されることも?

私の場合は2ヶ月にしましたが、長すぎても問題です。まあその辺りは適当にどうぞ

申し訳無さそうな文に

相手の方が悪い。わかりますが申し訳なさそうな文にしたほうがいいかもしれません。それも一種の皮肉だと私は思います。
少なくとも相手を挑発させるような文は内容証明郵便に入れるべきではありません。

入金されなかった場合のメッセージ

入金されなかった場合は法的手段を取る。つまり訴訟するということを入れておきましょう。
また、その際にかかった手数料等をすべて相手に押し付ける文も書いておいたほうがいいでしょう。というよりこの文は後々後に活躍します。(詳細は下の「その他ポイントにて」)

内容証明郵便を送る

さて、ついに手紙を送るところです。先ほども言いましたが書き方については大丈夫でしょうか。郵便局員が1行1行丁寧に文字数を数えてくれます。問題があれば全てやり直しです。事前に確認しておきましょう

送る前にしておくことがいくつかあります。

  • 原稿を2~3部ほどコピーしておく
  • 2枚以上ある場合はホチキスで止める。
    しっかりとホチキスを、最近の芯を使わないものはアウトです。
  • 「督促状」の上の部分の自分の名前のところには印を押しましょう。
  • 2枚以上ある場合、めくるたびに印を押しましょう。(右画像。パターン1)20121026001151

不備があれば局員さんが指摘してもらえますし、ホチキスも局員さんが勝手にしてくれます。いやむしろしない方がいいかも。

ポイント

一般書留に

内容証明は一般書留にする必要があります。そもそも内容証明でお願いしますといえば勝手に一般書留にされるので気にする必要はないでしょう

本人限定受取郵便

ここ大事。本人以外に渡すとまずいです。必ず設定しましょう。いや、これも勝手に設定されるかも?わからないので言ったほうがいいです。

その際に特例型にするのオススメです。特に相手が未成年の場合。
何故かと言うと窓口で受け取れないようにするほうがこちらにとって有利だからです。窓口だと相手の親御さんにばれないように相手は必死でしょうから、それをできないようにするほうがいいですよね。
というより、相手が未成年の場合、手続きの都合上、相手の親にも用件を後々知らせる必要があります。

あともう一つポイント。この本人限定受取郵便には「名あて人本人に配達のみ、窓口で受け取れないように」と言いましょう。つまり窓口で引き取れないようにお願いすることです。これは念のため。

その他

速達にする必要はないと思います。急ぎじゃない限り。

その他ポイント

督促状

さて、相手に督促状だけで解決するように仕向けるのがいいと書きました。
そのためには心を鬼にして脅すのが大事です。

督促状に「その際にかかった手数料等をすべて相手に」ということを書いたほうがいいと書きました。
例えば、督促を裁判所から行う場合には相手の戸籍謄本が必要になります。これは相手の本籍地がわかっていれば個人でも取ることができるのですが、知らない場合、普通の人じゃ取ることはできません。
その際に活躍するのが弁護士、または司法書士の方です。そのような人たちは「業務上」という名目で本籍がわからなくても戸籍謄本を取得することができるのです。

その費用を手続き上の手数料としておけば相手に請求できますよね。10万以上費用がかかる可能性がありますから、できるだけ相手に押し付けるのがポイントです。

送った後

送った後に「上記の手数料を払ってもらう」ということをネット上ででも簡単に説明しておきましょう。
もしかしたら手続きに10万ぐらいかかるかも知れない。それでも私は裁判までしっかりする。もし私が勝ったらその分もすべて払ってもらう。ちょっとしたことがここまで発展することになるんだぞ。と

まあ程々にお願いします。

期限が切れた後

そもそも私は督促状でお金が返ってきたのでここまで行っていませんが…万が一のために書いておきます。

相手が未成年の場合、今度は当人の親に内容証明を送る必要があります。
これは裁判手続をする相手が「法定代理人」として相手の親が登場するため。そしてその相手の親がこの事を知らなければ本人に内容証明を送った所で意味なしです。
本人に内容証明を送る理由は「脅し」のため、本人の親に内容証明を送る理由は「裁判」のためです。

郵便を受け取らなかった場合

これはチャンスです。人によっては面倒だと思うかもしれませんが
相手の働いてる場、通学している学校のお偉いさん宛てに「この人に大事な知らせがある」ということで代わりに渡して貰える用お願いできます。
相手に郵便を届けることが大事なのです。相手が受け取ればそれは見たことになる。けど届かなければ相手は見てないのですから有利もへったくれもないですよね。ここまでする必要があるのです。

未成年が学校で裁判通知を受け取るとか、私にとってすごい笑い事だと思うんですよね。自分がされたらすごい嫌なきもちになりますが。

まとめ

長くなりましたがまとめです。面倒なここだけ見てもらってもいいです。

  • 内容証明には決まった形式がある
  • 名誉毀損とか法律違反にならないように
  • 本人受取郵便(特例型)がいいよ。

という感じです。

何か質問があればTwitter(@sharo0331pc)へどうぞ。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">