楽天カードのうさんくささ


最近よくCMされている楽天カード、CMによれば「8秒に1人が申し込みしている」だとか身分証明証のコピーがいらないとか、一体どういう仕組みなのか調べてみた

20130812234625

8秒に1人が申し込んでいる

まずここの宣伝文句、申し込みしているだけで8秒に1人持っている人が増えているわけではないんですね。
それにどんだけ有名な企業といえどクレジットカードをそんな勢いで発行できるはずもなく、結構危なっかしことをしてることがなんとなくわかります。

つまりそれだけ審査に手を抜いているということ

あと申し込みをしているというのはどのタイミングなのか。申し込みをしている。したわけじゃないということじゃないでしょうか
それなら申し込みのページを読み込んだだけで申し込みしようとしたとカウントするんじゃないですかね
未成年でも申し込みページ開くだけならできますし

審査の手抜き

クレジットカードを集めるのが好きな界隈ではどうやらどこの金融機関も審査に通してくれない最後の望みのような扱いだそうじゃないですか
楽天カードなんて未成年じゃなければだれでも持てるということだと思います。

つまりはそれだけステータスの低いカード。もっててかっこいいものではないと思います。
カードがあればいいという方向けというわけでしょうか、信用を表すカードとしてはいろりお欠如しているものだと思います。

私の考え

だれでも作れるカードということや、ステータスの低いカードということで、もし何かあってカードが作れない状況になってから作るカードだと思います。
普通の生活をしている上で作っちゃうのはもったいないかと、そんな人が作るカードだと思っています。

世界にはもっとかっこいいカードもあります。デザインなんてどうでもいいと思ってる方もいるかもしれないですが、カードについて少しでも知っている方に楽天カードのことを話したら笑われてしまいますよ
逆に三井住友カードなんてかっこいいと思います。高級感があるといいますか。
作る面倒臭さは大きく変わらないのにデザインがここまで違うっていうのは大きいと思います。信頼もありますし

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">