北方領土について私が思うこと


ロシア関係の政治のこといろいろ書いたつもりなんですが、北方領土のことだけ見事に抜けてた。
どうも政治関係だと思想とかで偏った話になってしまうのですが…今回はロシア側に肩を持ったお話です。

私自身、ロシアのことはぼちぼち好きです。ロシア語習ってる理由は主に「能美クドリャフカ」関係であってロシアの文化に興味を持ったわけでは…

みんな若い人(私も若い方だと思ってますが)は「北方領土返せ!」といいます。当たり前ですが
言うなら言うできちんとした知識をつけましょう。知識なしでみんなに合わせてブーイングはカッコ悪いです。

北方領土とは

説明不要だと思いますので簡略に

hoppo

北方領土は第2次世界大戦の時にロシアに奪われたみたいなもので大体合ってると思います。時代背景的にも、土地は多ければ多いほどいい。戦争に勝てば土地が手に入るというものですからね
流れ的には何もおかしなことではないのです。

結局返してるのでちょっと違うかもしれませんが、日本だって戦争にかって台湾とか朝鮮半島とか満州とか手に入れてましたよね。ロシアだって同じことをしただけです。違う点は「勝手に」(?)のところと未だに返してもらってないという点ですけどね

あて、この北方領土は千島列島とも言われています。そしてこれらはロシアではクリル諸島として知られています。

実は返してもいい諸島

この千島列島なのですが、ロシア側からすれば正直どうでもいい諸島です。

ロシアでは数少ない不凍港と言われていますがそんなのウラジオストクとかの方がいいに決まってるじゃないですか。わざわざ端の列島にいく。鉄道も通ってない。不便極まりない

排他的経済水域の問題も結構大きい気がしますが…こちらについては触れないことにします。この辺のロシアの事情は詳しくないので

ロシア国民からすればもう返してもいい諸島というイメージだそうです。ロシアは意外と親日なのです。日本側は反露なのに。これってもしかして片思い…/// と言うのは置いといて
あと端すぎてどうでもいいというのも本音ではあるそうですが

じゃあとっとと返してくれたらいいじゃん!でもそういうわけにはいきません。

ロシアは軍事国家みたいなものです。実効支配しているのは千島列島だけじゃないのです。そして当たり前ですが実効支配されてしまった国が黙って許すわけがありません。
そのため、千島列島を例外として扱い返すわけにはいかないのです。そこがロシア側のネックとなっている点です。

実は過去に返す案があった

過去にロシア側が日本に千島列島を返すという話をしたことがあります。ただし、前項のこともあって「返すのは2つ。半分こしよう!」といったものでした。

日本はこれを拒否。返すなら全部返せ!という返答でこの話はなくなりました。
そりゃ奪われて半分だけしか返ってこない。これでOKを出してしまうと残りの2つが返ってくるのは絶望的となります。

日本は人の目(国民の目)を気にする国です。OK出せないんですよね。これで拒否したら結局全部返ってこないというのに
そのため、北方領土は結局返ってこないのです。

私の考え

ロシアが実効支配しているということは時代的に仕方ないと思います。だから許せるというわけではありません。

しかしロシアも返したくてしかたない(?)。しかし威厳が保てないと歯痒い思いをしているんですよね。

一番平和な解決方法は、そこの領域を日本とロシアのみ自由に行き来できる共有の場にしてしまうことだと思うのですが…まあ無理ですよね

「北方領土返せ!」といってる輩には「ロシアが返してくれるわけないだろう」と言いたいです。どうしようにもない問題なんですよねー…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">