捕鯨やイルカ漁についての私の考え


近日問題になっているイルカ漁や捕鯨の問題について、自国である日本と他の国で考え方が番っています。
一体何が正しくて何がダメなのか、私なりに考えてみました。

捕鯨はいけないことなのか

hogei

シーシェパードなど、捕鯨に対してかなり言いがかりをつけるものも出てきていますが、捕鯨自体はどうなのでしょうか

そもそも日本政府が主張している研究目的での捕鯨、実際には鯨肉として市場に出回っていて実際の研究に使われているのはほぼ皆無な気がします。
そもそもくじらの肉を食べる文化のある日本では、それを禁止されるっていうのは意味不明なことですよね。

それはどこから来ていることなのでしょうか。倫理的な問題?環境保護的な問題?

実際にくじらの頭数は世界的にもそこまで多いわけでもなく、だからといって皆無なわけでもないです。
そもそも体がでかい動物である以上、1匹取れるだけで一気に肉も取れる。その分生まれてくる頭数は少ない。逆に言えばアジみたいな小さな魚は大量に取らないと肉が確保できない分、頭数も多いです。

ではこれは倫理的な問題なのでしょうか。

確かに、くじらは我々と同じ哺乳類、頭も他の動物と比べれば賢いでしょう。だから残酷なのか?と言われるとこれもおかしいと思います。
頭が賢いならかわいそうだ。バカなアジやイワシは別にかわいそうじゃない。何かおかしいとは思いませんか?
同じ哺乳類として考えるにしても、哺乳類だから何かが特別なのかと言われると別にそうでもない気がします。

他国にも似たような文化はある

例えば、オーストラリアではカンガルーを殺して肉にし、食べるという文化があります。日本人側からしたらあまり想像はできないものでしょう。
けどこれも文化なのです。よく考えてみてください。動物園とかでよく見かけるカンガルー、だからといってあくまで同じ動物です。人間は動物性たんぱく質を取らないといけません。その手段がオーストラリアではカンガルーという選択肢もあるのでしょう。

しかし、カンガルー肉も批判する動物愛護団体もいます。

結局何が正しいのか

私の考えとしては、○○な動物だから、とかではなくすべて同じ動物だと見れば、捕鯨やイルカ漁が批判されるのはおかしなことだと思います。
囲い込み漁が残忍だっていうなら、肉になるために生まれてきた牛のほうが何倍も残酷な運命だと思います。

ただ私として、イルカを肉にして食べるということもイマイチ想像できないですけどね。私はどちらが正しいとも思いはしないですが、それを批判して他国の文化を潰そうとするのはおかしなことだと思います。

最も、黄色人種だからなめられてる?白人だから好き勝手してる?それが事実な気がします。

2 件のコメント

  • 貴方の記事を読みました。私はオーストラリアに住んで、15年になります。捕鯨をする日本は、これが文化だからと言って捕鯨をしようとするところに、問題があるのでは?と、思います。オーストラリアでは、カンガルーを食べるのはカンガルーの数が増え過ぎるのを防いだり、牧場を運営する上で必要に応じてのものであって殺したものを捨ててしまうのでなく有り難く食べるというところに、違いがあるかと、思います。鯨がハマチや、カツオなどのように自分の国で養殖できるようなのであれば、どの国も捕鯨に関して非難はしないのではないのでしょうか?鯨が日本の漁業領域にはいったからといって、他の国で保護されている鯨をリサーチの為と特になんの理由もなく、了解もなく殺してしまうのは、私としては理解しがたいところです。

    • カンガルー自身は了解を得た上で殺してくださいというのでしょうか。

      どこの国にも事情がありますし、その行為をその国にとっていいように解釈するのが人間というものです。
      私の考えとして動物を殺しても残酷だと思わないのは”その動物は食用だから”であり、その動物を食用だと思ってない人にとってはどのような理由であれ残酷に見えるものです。
      つまり、日本国外の人にとってのくじらに対する考えと、オーストラリア国外の人にとってのカンガルーに対する考えは同じだと思います。
      動物を殺して食べることが残酷ではないはずがないのですから、絶滅まで追い込むわけではないなら目をつぶることが一番なのではないかと思います。

      オーストラリアの方でもカンガルーに対して文句言われたら合理性の主張はするでしょう。日本人も同じことをしてるのです。それが正しいことだと私は言いません

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">