現物だけでも不景気に勝つ!


株をしている方なら誰でも知っていると思いますが、現物だけでは空売りのような値下がり場面では儲けを出すことができません。
私も諸事情で信用口座を作ることができず、現物だけの取引なのですが、さすがに景気が悪い時に現物株に手出しするのはちょっと怖いですよね。空売りができたらどんだけ楽しいことか。

ものは限られてくるのですが、値下がり場面でも儲けを出すことができます。そう、ETFならね

注: この記事は投資の参考までの情報であり、投資へ勧誘するものではありません。この情報はすべて自己責任で取り扱ってください。

実は私も株の知識はそこまであるとは言えないのですが、日経が下がっている時、つまりは相場全体がネガティブな感じな時に使っているのが日経アンバースのETFです。
これは、日経が下がれば値が上がるといったちょっと不思議な投資信託です。正直、信用口座を持っている方は無縁なんじゃないかって思います。
どんなものか紹介します。

紹介するものは私のお気に入り、「日経ダブルインバース上場投信(1357.T)」です。
これは日経と反対の動きをする上に2倍のレバレッジで動くというもの。
正しい動きで2倍の動きというと名高い「日経平均レバレッジ上場投信(1570.T)」がありましたね

比較してみると一目瞭然です。
1570-1357-hikaku
2倍インバースの方が途中から始まっているのは上場したのがつい最近だからで、出来高も多めなので取引しやすいです。

あとは間接的に空売りしているようなものなのでしょうけど、あくまで現物買いってことであまり罪悪感を感じないかな?あと現物だけでできるので手軽というものもあります。
もちろんPTSでも日経レバ(1570.T)と同じように先物と連動して値動きしていて、出来高もそれなりにあるので時間外取引でも儲けを出すことができます。

種は少ないですが私の取引だとこんなの。
pts-1357

ただ問題点は、日経が下がれば設けれるってのはETFのレバ2倍ぐらいしかないわけでして、激しい相場がお好きな方には向かないんじゃないでしょうか。
私もそういう相場好きなんですけど、リスクヘッジのためにやはり場の悪い時はこういうのでちまちま儲けるのがいいんでしょうね。
あと銘柄の特性上ですが、長期運用には向かないですし逆張り向けと言った感じもします。

あとテンプレですが、自己責任で取引しましょう。場が思ったより悪くなくて損なんてこともあるので。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">