手数料をできるだけ払いたくない人派の銀行口座


普段から使う銀行口座ですが、預け入れ・引き出しを何度も繰り返すと手数料がかさばっていきます。
近くにある銀行の方が使い勝手がいい。確かにそうかもしれないですが、支店が近くにある必要があるのケースは以外と少ないものです。

いろんな銀行口座で比較してみました。

手数料は以外と払っている?

例えば週1回のペースで手数料のかかる引き出し(108円)をするとしましょう。

108円/週 * 4週 * 12 ヶ月 = 5,184円と、結構払っているのです。

もちろん引き出しだけではありません。振り込みや手元にお金が余っている場合預けるとなると更に手数料がかかります。

この無駄な手数料をできるだけ減らしていきましょう

ATM手数料の安い銀行

スルガ銀行

suruga-bank

スルガ銀行といっても聞き慣れない方も多いと思います。
実は静岡県の地方銀行なのです。

ここはなんといってもサービスの多さ、手数料の安さです。私の住んでいる地方は周りにあまりATMがなく、その代わりコンビニだらけです。
なので利用するときはほとんどコンビニATM、ここはコンビニATMにともかく強いのです。

E-NET, セブン銀行、スルガ銀行、タウンネットワークサービス の手数料
出金
suruga_shukkin

入金
suruga_nyuukin

まず入金はいつしても無料です。出金も日中は無料、土曜日も早い内なら無料となっています。
なお、ゆうちょ銀行も無料の時間帯は同じです。サービス時間が平日は23:00までの差です。

さらに、ここのすごい所は優遇条件がそこまで高くないのに優遇のサービスがすごいところ

例えばスルガ銀行ソネット支店の場合

  • ソネット支店のクレジットカードを持っている
  • 月末預金残高が100万円以上
  • ローン残高が100万円以上

この内のどれかに当てはまっていれば月に3回までスルガ銀行・連携ATMの時間外手数料が無料になります。
時間外ばっか引き出す人はともかく、日中動ける人にはかなり嬉しいサービスではないでしょうか

またこちらではVisaデビットカードが発行することができます。
この方法だとむしろ引き出ししなくても大抵なことはできそうですね。

振り込み手数料の安い銀行

大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は大和証券の銀行で、口座を開設するには証券口座も作る必要があります。
ただ、証券口座を開設していれば取引していなくても銀行口座が使えます。

daiwa-next

大和ネクスト銀行のいいところは振込手数料が無料で行うことができることです。
もちろん回数制限付きですが、自分宛ては何度でも無料。他人宛てには月3回まで無料となっています。
他人宛てに振り込むことが多い場合は野村信託銀行がオススメです。

ATM手数料
daiwa-tesury

こちらも日中はATM手数料は無料です。ただこちらはともともATM取引ができない時間が長いことが欠点。
また仕組み上、入金しても当日中にはそのお金で振り込みを行うことができません。

振込手数料

上にも書いた通り、振込手数料は自分宛てはいくらでも無料、他人宛てでも月3回まで無料(4回目から216円)です。
お金を動かすことが多い証券会社の銀行だからこのようになっているのです。

野村信託銀行

nomura-sintaku-bank

こちらの口座は私は開口していません。大和ネクスト銀行で十分満足だったので

こちらでは月に30回も振り込みが無料となっています。31回以上からは216円(税込み)です。

開口していないのでわからないのですが、こちらはATMで使えるカードの発行はないのでしょうか。
完全にお金を振り分けるためだけの銀行口座になりそうです。

まとめ

私の銀行口座の使い方ですが、用途に応じて口座を分けています。

例えば、証券会社から出したお金は自分宛て振り込みが無料な大和ネクスト銀行。お金を引き出すようはスルガ銀行を使っています。
他にも国債を管理するためのゆうちょ銀行など。用途に応じて使い分けるのがよさそうです。

銀行口座を作りすぎると後々面倒では?とも思いますが、案外管理できるものです。
ただ作りすぎて使い物しない口座を作るのはどうかとおもいますけどね

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">